「幼児専門 さんすう塾」
幼児から始めて、受験、大人になっても役に立つ「思考の基礎力」を養成

Blog

幼児からの思考力養成ブログ

『手で物を感じる学びで好奇心から意欲へ』

2019/08/13

先週8月に、全国の小学校中学校の算数、数学の先生が集まる数学教育協議会第67回全国研究大会に参加

会場は、サンポートホール高松。人生で初、香川の高松に初めて行きましたが、すぐそこが瀬戸内海で感動。水面がすぐそこなので、迫力のある海を感じられました。

サンポートホール高松は高松駅から徒歩3分で交通の便もよく、きれいな施設でした。分科会などが行われた高松シンボルタワーと隣接(併設?)しており、連絡通路の把握などで手間取りましたが、素敵な会場で、大会を快適に過ごすことができました。

今回のテーマは「手と物に問いかける学び」

教育のネット化が進む中、幼児でさえタブレット学習をする時代になりました。

もちろん、そのタブレット商品がうたうように、タブレット学習の効果は、あるでしょう。ドラえもんやアンパンマンなどの親しみのあるキャラクターとゲーム感覚で学習することができると思います。

しかしながら、子どもたちが全身で学びを吸収できているでしょうか。映像だけではなく、実際に目で見て、触って、考えて、実体験から学ぶことは技術が進歩した世界でも、いつの時代でも学びの本質ではないでしょうか。

今回の全国大会では、子どもたちが全身で学びを吸収できる教育とは何か、全国の先生方と話し合いました。

たくさんの先生方が、どうしたら子供たちが楽しくてもっと知りたいと思うようになるかを追究し、発表されました。

それを聞いていると私たちもどんどん学びのアイディアが湧いてきて、今までシナプスでやってきた学びは間違いではなかったと、自負とさらなる自信がつきました。

算数実験を代表とした手と物に問いかける学びをどんどん行っていきたいですね。


有料体験授業などHPお問い合わせホームから各種お申込できます

書き手プロフィール

塾長 片岡聡子

数学教育協議会会員
幼児からのさんすう専門塾を開講して25年、延べ2,000人近い子どもたちの教育に携わってきました。その経験と実績から『シナプスメソッド』を立ち上げ、子どもたちに提供しています。そして日々子どもたちに寄り添った教材開発を挑戦し続ける毎日です。

幼児からのさんすう×ことば/シナプス

名古屋市東区筒井3-20-3

TEL : 052-720-7900

メルマガをLINEで配信中。お問い合わせ/各種お申込をLINEでもできます。

キャンペーンやイベント、幼児教育の最新お役立ち情報をLINEでお届け中。

来たよ、見たよ、スタンプを送って下さると、とっても嬉しいです。

LINEトークでリアルタイムでご質問にお答えします。

LINEお友達登録QRコード↓

友達追加ボタンよりお友達登録お願いします♪

友だち追加